患者様それぞれに対応した治療法 患者様それぞれに対応した治療法

フラップレスサージェリー

インプラント イメージ画像インプラント イメージ画像歯肉を切開しないでインプラントを埋入する術式です。従来は歯肉を切開して骨から歯肉を剥離後、ドリルで骨を切削し穴を開け、インプラントを植立していました。一方でこの術では、歯肉に直径4mm程度の穴を開け、そこにインプラントを埋入するため、歯肉に傷をつけることが少ない手術方法です。

この治療法は十分な骨と歯肉が存在する場合に適応することが出来ます。侵襲が少ないため、術後の腫れや痛みが少なく済みます。切開しないことから縫合も必要ないため、その分手術時間も短縮されます。メスを使った場合に生じうる患者様の精神的負担もありません。

しかし、同時に歯肉を切開して骨の様子を直接見ることが出来ないため、この術式を行うにはより経験が求められます。当院では、準備を綿密に行った上で手術を適応します。負担の少ない術式ではありますが、症例によって他にも最適な方法があることもあります。その場合は最善の方法を選択し、治療計画を立てます。

GBR法

欠損した歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す治療方法です。骨誘導再生法とも言います。インプラントを入れる箇所の骨の量を確保するために行います。歯肉の再生は歯槽骨などの再生よりも早いため、歯肉が覆ってしまわないように人工膜を用いて歯槽骨をカバーする特徴があります。


GBR法の流れ

インプラントの埋入

GBR法の流れ step01 イラスト骨を造成してからではなく、先にインプラントを埋入します。骨が足りないので、インプラントが露出した状態になっている場合もあります。

人工膜で覆います

GBR法の流れ step02 イラスト自家骨または骨補填剤を入れ、人工膜で覆います。場合によってはピンで膜を固定します。これにより、骨を造成する部分に歯肉が入り込むことを防ぎます。

歯肉を戻します

GBR法の流れ step03 イラスト人工膜を除去して、歯肉を元の状態に戻します。4〜6か月間ほどこのままにして、骨の再生を待ちます。この間、患部に刺激を与えないようにしましょう。

人口の歯を装着

GBR法の流れ step04 イラスト骨が再生され、インプラントがしっかり固定されたら、人工の歯(上部構造)を作製して装着します。これで一連の手術は終わりです。

上顎の骨の高さを補う手術

上顎の頬骨の内側には上顎洞という空洞があります。骨の高さが足りない上顎にインプラントを埋入すると、この空洞の粘膜を傷つけてしまいます。そうすると、上顎洞炎などの炎症を起こす可能性があります。そこで骨の高さを補う手術を行い、このリスクを回避します。


ソケットリフト法

ソケットリフト法 イラスト 上顎奥歯の骨が薄くて、インプラントが埋入できない場合に行われる手術法です。顎の骨が歯周病などによって吸収し、高さが5〜10mmしかない場合に適応となります。

上顎洞の底を機械で押し上げ、できた隙間に自家骨を移植します。そして、高くなった上顎にインプラントを挿入します。切開などを必要としないため、低侵襲で行えます。

サイナスリフト法

サイナスリフト法 イラストソケットリフトと同じく、上顎の骨が薄い場合に行う手術法です。歯周病などで骨の厚みが5mmより少なくなっている場合に適応します。

上顎洞の位置に当たる歯肉を切り開き、骨を削って、そこから人工の骨を補填します。骨の量が増えたらインプラントを埋入します。目視で処置を行うため、粘膜を傷つけるリスクが低く、骨造成が多くできる利点があります。

抜歯即時埋入インプラント

インプラント イメージ画像歯周組織にリスクのない状態での抜歯の後、すぐにインプラントを埋入する手術方式です。これは破折などにより、抜歯と義歯治療が必要なときに行うものです。抜歯窩(抜歯後の穴)に埋入を行うことで、余計な歯肉切開の必要がなく、術後の痛みや腫れが少なくて済みます。そのため、患者様には少ない負担で施術が可能です。

また、通常のインプラント治療では1年近い期間を要する一方、抜歯即時埋入インプラントでは数か月で治療が終わります。負担が少なく、早く治療が終わるのが抜歯即時埋入インプラントです。患者様の症状にもよりますが、こういった術法で治療することもあります。

痛みなくインプラント治療を受けたい

電動麻酔 画像当院では専門の歯科麻酔医が鎮痛薬を点滴で静脈に注入し、緊張感を和らげる静脈内鎮静法を取り扱っております。痛みを感じず、うとうとと落ち着いた状態で治療を受けることが出来ます。

局所麻酔をすると分かっていても、歯科治療が苦手な方にとっては、外科処置を伴うインプラント治療に不安があることでしょう。しかし、麻酔が施される以上、恐怖心は患者様にとって余計な負担となってしまいます。そこで治療に不安がある方は、静脈内鎮静法を考慮しますので事前にお気軽にお伝え下さい。